「明日できることを今日するな」は、トルコのことわざであるという。

自分がこのことわざを知ったのは旧く。中学生の時に読んだ、遠藤周作のコミカルなエッセイ『ぐうたら生活入門』という本のあとがきに書いてあったように記憶している。

その時は本のテイストもあって、面白おかしく受け取っていただったのだけれども、最近はその大事さをひしひしと感じている。時間の流れが激流化する現代。常に先を打ちたい気分になる。

しかし、それをずっと繰り返していては、生活の中の「遊び」がなくなってしまうのである。遊びは、遊び以外の時間の質を強靭にする。それがひいては、効率化にも繋がっていく。

なるほど、入念な準備と検証は大事だ。それに間違いはない。しかし、それと、明日の先取りをすることとは、似て非なるものだ。常に目線は「現在」に置いて、今やるべきことのみを大事に、準備・検証するのである。明日のことは、明日の自分に任せておけばよい。どうせ奴は入念にやるに決まっている。

つまりこのことわざの本意は、ぐうたらのススメなどではなく、現在を丁寧に生きることへの気づきだったのだ。

そんなこんなで最近のモットーだ。

「明日できることを今日するな」