YU MIYAZAKI EXHIBITION – GRAPHIC IN PROGRESS 01 | DIMENSION

【DATE】
2017年3月20日[月曜・祝]- 26日[日]/ 12時 – 20時(最終日は18時までです)

【VENUE】
GALLERY 7°C
東京都目黒区上目黒2-43-3 N.M.7th B-1(中目黒駅より徒歩5分)

【OPENING RECEPTION】
2017.03.20 13時よりゆるりと。
赤坂のbeer bar 『sansa』による、本展示に合わせてセレクトしてもらったビールも提供致します。

【EVENT PAGE】
www.facebook.com/events/179836715851045

【CONCEPT】
アート作品は、「物」である。そこにあるだけで、物質感を持っている。シンプルな色面構成のような絵ですら、そこにはちゃんと存在感が内在する。

グラフィックデザインはそうではない。
「薄い三次元」であるはずのグラフィックデザインには、「物感」というものは存在しない。
アートの主戦場たるホワイトキューブに、印刷されたポスターのみが置いてあったとしたら、それは随分貧相なものに見えるだろう。
例えそれがどんな完成度を誇るポスターだったとしても。

だから、グラフィックデザイナーの展示では往往にして、作品が「額装」され、「立体物」が配置され、「壁紙」が、展開されるのだ。これは、そうした方がよく見えるという計算以上に、「そうしないと場がもたない」のである。

これは見方を変えれば、グラフィックデザインの大きな欠陥ともいえるのではないか。

そういった「次元」に関する問題は、グラフィックデザイナーたる自分に考える義務がある。その一連の実験に「GRAPHIC IN PROGRESS」と名付け、研究することにした。

本展示は、その最初の実験である。